ワンス 見逃した、見れない人向けネタバレまとめ。第12話「臆病者の愛」 ルンペルちゃん・・・

wansu12 1 300x153 ワンス 見逃した、見れない人向けネタバレまとめ。第12話「臆病者の愛」 ルンペルちゃん・・・今回の話は、
切ない中にも

今後重要になってきそう
なものが散りばめられて
いましたね

 

スポンサードリンク

 

今回はちょっといつもと違う感じの

書き方に挑戦してみようかと

思います(・・d

 

ちょいちょいとシーンの順番が

入れ替わっていたりします(・・;

 

 

まとめ① 

(おとぎ側)

 

オニから自国を救う為に、

ルンペルの魔法に頼る王様

今回の対価はベルだった。

 

ルンペルは自分の城の手伝いを

してくれる人が欲しいだけだという

「愛は要らない」と言うルンペル

 

(現代)

バレンタインの前日の話。

 

借金のかたに、商売用のトラックと

商品のバラをゴールドに

取り上げられてしまう「モー」

 

それを見ていたレジーナ。

ゴールドに話があるようだが

断るゴールド。

 

場所は変わり、食堂。

メアリーアシュリールビーの3人で

今晩女子会を開こうと決まる。

 

事件で呼び出されるエマ。

ゴールド邸に泥棒が入ったようだ。

 

まとめ②

 

ベルはルンペルに部屋と言う名の

牢屋風味な部屋へと案内される。

 

家事をしているベルだったが、

カップを落としてしまい、

少しだけ欠けさせてしまう

 

が、意外とやさしいルンペルちゃん

なんだかんだでいい雰囲気の二人。

 

ルンペルの元に城からの刺客が訪れるが

一瞬で魔法で返り討ちに(笑)

ルンペルはバラ(元刺客)をベルへと渡す

 

ベルの婚約者についての

話をしている最中ルンペルの息子の

話になりそうになった時

 

「取引をしよう。」と言いだすルンペル

ベルが町へ行き、麦わらを取って帰ってこれば

続きを話してあげようと言う。

 

その道中、レジーナと会うベル

レジーナは1度のキスでどんな呪いも解け

普通の男になる。とベルに吹き込む。

 

(現代)

 

バレンタインカード(?)を2枚買う

デヴィットに忠告をするルンペル

 

「愛とは繊細な炎。」一度消えてしまえば

2度と点くことはない・・・という(深いっす。)

 

まとめ③

 

ベルが戻ってきて、どことなく嬉しそうな

ルンペルちゃん。息子の話もそこそこに

いい雰囲気になる2人・・・

 

そして2人はキスをします。

wansu12 2 300x169 ワンス 見逃した、見れない人向けネタバレまとめ。第12話「臆病者の愛」 ルンペルちゃん・・・

 

 

 

 

 

すると・・・ちょっぴり顔色が良くなり

呪いが解けそうな感じに・・・

 

が、その直後、レジーナの罠であろう

と思ったルンペルは激怒する

ベルを牢屋へと押し込む。

 

(現代)

盗まれた物の中が返ってきたが

大事なものが無いと、探し始めるゴールド

 

モーを人気のない館へ連れて行き

話を聞きだす(拷問チックにw)

怒り剥き出しでモーをボコボコに・・

 

スポンサードリンク

が、なにやら様子がおかしい。

言ってることやゴールドの回想が

どうにもかみ合わない感じがする。

 

捜査に来たエマがゴールドを止める。

その後ゴールドは逮捕される。

 

女子会の最中、良い感じになり

帰っていったアシュリーカップル。

 

それとは対照的に、デヴィットが

渡すカードを間違えてしまったが為に

険悪なムードになるデヴィット達・・・

 

まとめ④

 

ベルを屋敷から追い出すルンペル

ベルはルンペルを臆病なだけだと言う

私の愛を信じられなかったから・・・と。

 

(まとめると短いですが、ルンペル自身が

魔法の対価を破棄したという・・・

今までにない?例ではないでしょうか)

 

(現代側)

 

刑務所でゴールドと話すエマ

以前の借りをこのパストラミサンドで

チャラにしてくれないか?と

 

軽い感じで聞くがゴールドは険しい表情で

サンドイッチで済ませるつもりはない

と、契約の重大さを物語る・・・

 

そこにレジーナが登場。

ゴールドと話しをすることに。

 

ゴールドが探していた大切なものとは

少し欠けたカップだった。

 

それと引き換えにゴールドについて

問いかけてくるレジーナ。

「あなたの名前は?」

 

「聞き方を変えるわ、別の世界の名前は?」

と聞かれ・・・ゴールドは

「ルンペルシュティルツキン」と答える

wansu12 3 300x209 ワンス 見逃した、見れない人向けネタバレまとめ。第12話「臆病者の愛」 ルンペルちゃん・・・

 

 

 

 

 

 

ゴールドもおとぎの国の記憶を

持っているようです!

 

ラスト

 

ルンペルの元へやってくる女王。

女王によると、あの後ベルは自分の城へ

戻ったが、その後身投げをしたという。

 

(現代)

 

なにやら(いつも通り)怪しい雰囲気の

レジーナ。怪しい地下へと向かい

受付に元刺客に似たバラを渡す

 

その後牢屋風味名部屋へ行くと

そこにはベルと思わしき人物が・・・

というところで終了!

 

感想

 

ルンペルちゃんファンの僕としては

めっちゃ切ない話でした・・

なんだかルンペルを応援したくなってきますね

 

まぁ、現実でレジーナがベルを

監禁していたということは、

おとぎの世界でもそうなんでしょうね!

 

ですが、それ以上に

重要な伏線のような物も

ちらほらと見えてきましたね(・・!

 

別の世界の記憶があると言う

レジーナとゴールド・・ですが

 

こうなってくると他にも記憶が

ある、もしくは思い出す人物

今後現れてきてもおかしくないですね

 

うわぁぁ・・・

盛り上がってきた感じがする!

 

いったんここまでを整理した

記事を近いうちに作ろうと思います!

 

~ワンスの扉~

スポンサードリンク


今回の記事、いかがだったでしょうか?


1mmくらいは役にたった、面白かったよ!

と思ってくださった方は
↓のボタンで共有や、コメントをして頂けると
泣いて喜びます;w;

コメントを残す