本日公開 SPEC~結~ 映画を見る前に・・! 予備知識紹介

spec1 本日公開 SPEC~結~ 映画を見る前に・・! 予備知識紹介

本日11月1日から公開の
こちらの映画、SPEC~結~
(クローズと読むようです)

とても面白い作品なのですが
続きものなので
そもそもどういう内容か紹介します

 

スポンサードリンク

 

こちらは2012年月に公開された映画の続編に当たります。

今回で5作目にあたります。

 

時系列は

  • SPEC零
  • ドラマ版SPEC
  • ドラマSP版~翔~
  • 劇場版~天~
  • ~結~

 

となっております。

今回の~結~は前編と後編に分かれていて、

後編は11月の下旬に公開されます。

 

今回は時系列的には2番目なのですが、

SPECシリーズ的には第1作目の、

ドラマ版SPECを紹介したいと思います。

 

 

あらすじ

 

人間の脳は、ほんの10%ほどしか

使われておらず、残り90%については

まだ解明出来ていない。北斗神拳の真髄h・・・

 

ゲフン。こんなかんじの冒頭で始まります。

 

主人公は当麻紗綾(とうま さや)という女刑事。

(俳優は戸田恵梨香さんです。)

 

SPEC2 本日公開 SPEC~結~ 映画を見る前に・・! 予備知識紹介

 

 

 

 

 

 

 

 

ストーリーは主人公が

警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係

(略して未詳係)

 

に着任した次の日から話が始まります。

始まり早々、彼女は「何故か」左腕を吊った状態です。

(何故かは映画第一段であかされます。)

 

そんな彼女に未詳係の係長、野々村 光太郎から一報が入る。

 

なんでも特殊機動部隊SITで部下を誤射したと

疑われている瀬文 焚流が左還されてくるのだそうだ。

 

この主人公の当麻と、相棒の瀬文で

脳の残り90%の能力、「SPEC」を覚醒させた

犯罪者達をほぼ武力行使で捕まえていくという話です。

 

※補足

超能力てきなものをSPECといい

使える人のことをSPECホルダーといいます。

 

スポンサードリンク

余談

 

このドラマ、実はリアルタイムでは観ていなかったのですが

先日地上波で放送されていた映画版第一段を観て面白そうだったので

勢いで見てしまいました(笑)

 

映画版を観ていたときから薄々思っていましたが、

調べてみると予感は的中でした。

 

この作品の監督は堤幸彦という方で

あの「TRICK」の監督もしています。

 

確信したのは第1話での1コマです。

何気ない警視庁の廊下で見たことある

ヅラっぽい頭のキャラが・・・(笑)

 

やはり作風は監督が同じということもあり、

TRICKと少し似たようなノリになっています。

(ん、タイトルもそういえば似てる・・・?)

 

笑いあり、アクションあり、ファンタジーありの

非常に見応えのある作品になっています

 

既にドラマを見たことある人は是非映画館に!

まだ観ていない人はドラマを観てから映画館に!

必見ですよ!!(`・ω・´)

スポンサードリンク


今回の記事、いかがだったでしょうか?


1mmくらいは役にたった、面白かったよ!

と思ってくださった方は
↓のボタンで共有や、コメントをして頂けると
泣いて喜びます;w;

コメントを残す